manachika

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉ロッテvs日本ハム二軍戦 金の卵〜岡田幸文選手

<<   作成日時 : 2009/08/13 05:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

真夏の昼間にマリーンスタジアムで行われた千葉ロッテvs日本ハム二軍戦を見てきました。ゴールド会員は500円でしたよ!

金の卵がいるか楽しみに見てきましたが、いましたよ〜。

岡田幸文(おかだ よしふみ)選手。1984年7月6日生まれ。作新学院−日大中退−全足利クラブを経て、昨年の育成枠ドラフト6位で入団。当初は背番号132.
http://blogs.yahoo.co.jp/marines_jef/45998654.html

2009年3月30日、支配下登録され、現在背番号66.ドラフト2位の長野選手(ホンダ)が入団していたらチャンスはなかったかもしれません。
画像

http://nekoasi.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/e-3cba-3.html

彼の良さは、俊足をとばした守備範囲の広さで、センターを守った今日もライナーを見事スライディングキャッチしていましたし、試合前のシートノックでは強肩を披露していました!バッティングでも二遊間のゴロを内野安打していましたした。

一軍はダルビッシュや涌井や多田野にあわやノーヒットノーランかという試合が多いですから、一か八か大振りする選手を並べるよりも、いっそ9番から岡田→早坂→根元→西岡と内野安打狙いのバッターを並べたほうがいいじゃないかとまじめに思います。

岡田選手の課題はバッティングでしょう。ヒットを打つとかいうのもいいですが、アウトになってもいいから10球ぐらい相手投手に投げさせるぐらいの粘り強さ が欲しいです。そんなバッターが多ければ、もう少しダルビッシュや涌井からも点がとれるのではないかと思います。

今日は1死2塁見逃しの三振をしてしまいましたから、それを反省して、一軍の打線にアウトになってもいいから嫌らしい粘り強いバッターとして出場してもらいたいと期待しています。

ちょっと売り出し中の読売の松本選手にタイプが似ている感じです。同じ育成枠あがりのセンターですね!負けずに頑張ってください!

さて、日本ハムの中田選手はやはり注目選手です。

今日は手島投手からタイミングをはずされても、左肩を開かずにレフト線に2塁打。ランナーを2塁において古谷投手の低めのボールをうまく芯にあててセンター前タイムリーヒット。最後はランナー1,3塁の場面で中郷投手のストレートをセンターオーバー、フェンス直撃の3塁打と、今日の全打点を一人で叩き出していました。打球もライナーの両チームで一番鋭い打球を飛ばしていました。
画像

試合前のノックを見ると一塁の守備には不安がありますし、一軍は首位ですから、なかなか一軍の出番は少ないかもしれませんが、もう充分に一軍で通用するレベルにまで成長してきている感じがします。(同じ一塁のマリーンズの神戸選手もです!)

金の卵たちが並ぶスターティングメンバーです。
画像















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉ロッテvs日本ハム二軍戦 金の卵〜岡田幸文選手  manachika/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる