ならしのスマイルラン リレー駅伝

昨年に続いて第2回ならしのスマイルラン リレー駅伝に3人で参加。36チーム中11位。1時間31分35秒。 私は1走目が3分55秒、2走目が4分8秒、3走目が4分19秒。 腰痛の故障明けだったので、タイムはともかく痛みなく走れてほっとしました。 でもやっぱり駅伝は楽しいですね! https://www.face…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビジネス・クリエーション!』を読んで、、

ステップ1   市場細分化して理解する ステップ2   足がかり市場決めよう ステップ3   エンドユーザーを定義する ステップ4   足がかり市場の最大規模を算出しよう ステップ5   潜在顧客像をイメージする ステップ6   製品のフルライフサイクルを知ろう ステップ7   製品仕様を視覚化する ステップ8   製品の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『加賀屋の流儀』を読んで、、

「日本のホテル・旅館100選」で、35年総合1位獲得している加賀屋についての本です。 仕事に対する取り組み姿勢について、自省させられる本でした。 「接客十戒」のその1は「社員の働き気をおこさせる。親からも受けたこともない恩に報いる」です。 お客様へのおもてなしより先にまず社員をやる気にさせることを第一に置いている点が特徴だと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜石シーウエイブズ 開幕6連勝(vs日野自動車)

逆転で開幕6連勝! トライは1本だけでしたが、釜石らしいFWがつないで走って一体となってのナイストライでした!! 感動しましたし、釜石応援団は総立ちでした。 レジェンド伊藤剛臣選手(44)はほぼフル出場で、同じLOの北川勇次選手とFWの中心として体を張り続けていました。本当に2019年釜石のラグビーW杯開催まで現役でやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋競馬場ダートランニングフェスタ

今日は会社の仲間たちと船橋競馬場ダートで駅伝。 予想以上に砂が深くて柔らかくって、1周1,200mでも足をとられてツラかったです。 4人のうち2人が女性でしたが、で27k頑張って完走です。 私は5周頑張って走りました。 2時間半が制限時間で2時間24分。タスキがつながってよかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『野球ノートに書いた甲子園3』を読んで、、、

野球ノートに記された監督から選手たちへの励ましの言葉が熱い。 「そのお前のマイナス発言もう聞きたくない。皆にもマイナス。 そんならそうやって7月までグダグダ言って過ごせ。未完成なのはわかっている。お前の未完成は肩ではない。そのマイナスの心だ。お前は自分にも周りにも甘えすぎている。 お前は甘い!どこまでもずっと甘い!逃げるな親に甘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ワーク・ルールズ―君の生き方とリーダーシップを変える』を読んで、、、

グーグルの人事担当である上級副社長の書いた本。 社員に生き生きと仕事をしてもらう環境をつくることの大切さがテーマです。 「グーグルが直面している課題の一つは、社員がいち社員ではなく企業オーナーのように感じ、考え、行動するようになってほしいということだ。」 「必要なのは、社員は基本的に善良なものだという信念‐そして、社員を機…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

千葉ロッテ ファーストステージ突破2015

千葉ロッテが1stステージの日本ハムとの第3戦に勝利した瞬間のQVCマリンです。 日本ハムにはやらっれぱなしの印象が強いこともあり、今日の勝利はうれしかったですね~ 正直、最下位もありえると思った今シーズン。よく頑張っています。 今日も涌井投手が初回から再三のピンチをしのぎ、相手に残塁の山を築かせます。 マリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金乃台カントリークラブ

最終ホールで、Pでのアプローチでチップイン。これがダイヤモンドとなりオリンピック完成。このホールだけで15点獲得。まぐれとはおそろしいですね。 今回はやや狭いのでドライバーやロングアイアンを軽めに振ったのがかえっていい結果につながったように思います。 4番ウッドと新しい3番アイアンがよかったのが収穫でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オービックシーガルズ@習志野秋津

9月27日オービックシーガルズが明治安田パイレーツと地元習志野で対戦。 うちから歩いてすぐの秋津サッカー場での開催ということもあり、観戦してきました。 オービックシーガルズとは東日本大震災後の習志野のボランティアで一緒だったことで、勝手に親近感湧いて応援しています。 2010年から史上初の4連覇。今年も日本一奪還に向けて頑張っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビジネスモデル 2025』(長沼博之)を読んで、、、

新しい経済パラダイムのひとつの軸として共有経済(所有から共有へ)をとりあげている。 企業も個人も自分で購入して所有しなくても、さほど頻繁に使わないものであれば一時的に借りればいい、その際に買うより借りるほうが安ければ問題なく共有すればいいというのがこのビジネスモデルの考え方。 タクシー業界でのUberというタクシー手配のサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『タイのことがマンガで3時間でわかる本』を読んで、、、

バンコク出張の飛行機の中で予習しました。 ◆「タイ人との付き合い方のポイント 基本はマイペンライ(問題ない)で」とあります。あまり深く考えず、「まぁいいか、マイペンライ」ぐらいの気楽な感じでやっていかないと、ただでさえきっちりと細かい日本人からすると、期待を裏切られることが多いようです。 ◆それと矛盾するようですが、「タイと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク市内

バンコク中心のシーロム駅からルンピニ公園の方面の橋に、日本とタイの国旗がみえました。 この橋自体はずっと前に完成していたようですが、この看板が掲げられたのは最近のようです。前回12月に来た時はなかったはずです。 こんなところにもタイの国の親日ぶりがうかがい知れます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『釜石の夢(大友信彦)』を読んで、、、

今回のW杯ラグビーで過去2回の優勝を誇る南アフリカに初戦勝利し、「奇跡の勝利」と言われていますが、次回2019年の日本開催のW杯を予定通り釜石で試合開催することも同じくらい難しいことだと思うのです。 試合会場は21か所。そのうちまだスタジアムができていないのは釜石だけ。 釜石に新設される釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)は、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害ボランティア@常総市

茨城県常総市でのボランティアに参加。 鬼怒川からちょっと離れた民家も、植木を見ると腰のあたりまで浸水。 たっぷり家に入った泥をかき出す作業をお手伝いしました。私の両親ほどの年齢のご夫婦のお宅。さぞかしショックだったでしょうが、気丈にアイスクリームなどをふるまってくださいました。帰り際に綺麗になった床下を見て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回稲毛夕焼けマラソン

9月19日の第4回稲毛夕焼けマラソンのハーフに参加。 この日は17;40スタートということで暑さは大丈夫でした。 タイムは1時間38分46秒。 この時期のハーフは完走すればOKなので、思いのほかタイムがよかったです。 ちなみに2014/10/19のタートルマラソンは1時間44分44秒。 東京マラソンは今年も抽選漏れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回お台場モーニングマラソン

10km男子の部に参加。 45分28秒で第6位。 一度10kmで40分切ってみたいけど、8月の暑さでは無理。 逆にいえばこの時期でこのタイムは悪くないでしょ。 ちなみに2月のグルメラン@稲毛は41分20秒。 4月の九十九里浜ビーチレースは44分22秒。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リソース・レボリューションの衝撃――100年に1度のビジネスチャンス』(プレジデント社)を読んで、

2015/9/5発刊という新書。マッキンゼー出身の2人のコンサルタントが著者。 最近よく耳にする「インダストリアル4.0(産業革命4.0)」というのは、「従来の機器にインターネットをつなげる」ことが「革命の出発点」としているように思いますが、こちらの「リソース革命」は、「従来の石化燃料などのリソース枯渇」を出発点に、それにによって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『落合博満バッティングの理屈』(落合博満)を読んで、、、

100回バットを振るよりも、101回バットを振る選手が勝つ。これは、プロで20年間プレーした私のゆるぎない信念である。なんて、ちょっと落合さんらしくないコメントですが、それは私の誤解のようで、現役時代人知れずかなりの練習魔だったことがこの本からうかがい知れます。 特に走りこみは随分やったようです。ウエイトトレーニングで見かけの筋肉をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『東南アジア一周大作戦』(下川裕治)を読んで、、、

60歳にもなって、東南アジアの夜行バスに苦労せずに乗れるとは、たいした体力と思う。 いや体力だけでなく、贅沢に慣れてしまうと寝るときに隣にべったり見知らぬ人がいるだけで発狂しそうになってしまうのではないか? 「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦 (新潮文庫)新潮社 2015-03-28 下川 裕治 Amazonアソシエイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more