『参謀 人事本部長』(大村尚弘さん、幻冬舎)

実はいま上海から日本に一時帰国しているのですが、楽しみにしていた一つがこの本を読むことでした。 4月から中国で現地法人の社長をやらせて頂いて、一番大変かつ時間を費やしているのは間違いなく「人事」関連です。 おかげさまで幸運なことに私の勤める中国の会社の社員たちは本当にモチベーションも高く能力も高く、ビジネスでの日本語でのコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回千葉県民マラソン 

8年連続参加ですが、今年ほど風が気にならない絶好のコンディションはなかったように思います。 それだけに自己新ならずにとても残念・・・ いつも前半飛ばし過ぎて後半の最後の2kmの直線で苦しい思いをし失速することも多かったので、今年はともかく前半がまんして16km過ぎから勝負というプランでした。 前半おさえられたのは作戦通りでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド』を読んで、、、

赴任前チェックリストのヒナガタというのが記載されてあります。 ◆3~1か月前まで  ・勤務先の規定の確認→海外赴任者規程など  ・旅券、VISA手続き→必要書類を揃える  ・健康診断、予防接種  ・歯の検査・治療  ・手荷物・別送準備  ・住宅の下見(事前に中国出張できれば、信頼できる不動産業者に希望条件等を伝え、物件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夢をかなえるゾウ2』(水野敬也)を読んで、、、

なにかをするということはなにかを捨てるということ。 植木屋の親方はたまに自分の仕事を離れて全体を見る。 自分のためではなく全体にとって重要なことだけを言う。 最初から出来上がりのイメージを持っている 夢をかなえるゾウ2 文庫版 ~ガネーシャと貧乏神~飛鳥新社 水野敬也 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マンガ中国の歴史がわかる!』

紀元前200年ころが秦の始皇帝の時代。その死後、項羽と劉邦の争いがある。 当初は常に項羽が勝っていた。 ところが、劉邦の勢力は衰えるどころかどんどん肥大化する。一方項羽の軍は勝てば勝つほど先細りになっていく。 項羽は戦の天才であるが、人を使うことを知らず人望がない。 劉邦のところには有能な部下たちが馳せ参じ、盛り立てる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回青梅マラソン

第48回大会は雪で中止、昨年の第49回大会が初参加で2時間29分24秒、今回の第50回大会が2時間21分53秒。 先日の2月11日の稲毛の30kmが2"24"12"だったので30kの自己新です! 12k過ぎの高橋尚子さんのハイタッチから始まり、沿道のバナナ、カステラ、オレンジ、氷飴、ブラックサンダーなどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中国、なんですかそれは?』(小田空)を読んで、、、

なんでもありの中国。 とくにニセ札には注意。街に「ニセ札刷ります」っていう広告が貼ってあるというから、それだけ出回っているということなのでしょうね。 中国で文明(ウェンミン)の度合いを測る星級(シンジー)はいたるところで見る事ができるということ。タクシーの運転手にも付けられているというから、今度行ったらチェックしてみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉 季節のめぐみマラソン30k

30kを2"24"12"ということで、昨年2015年の青梅マラソンの"2"29"24"を抜いて30Kの自己新です。 今年はずっと対前年でタイムが落ちるレースが続いていましたが、ようやく今シーズン初めての自己新です。 年男を終え49歳まじかで、体力が落ち始めたかなと思いますが、ともかく今日は「まだまだ」という気持ちにさせてくれたレース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海からの贈り物」(大槌町2016カレンダー)

岩手県大槌町の小学生たちの絵を公益社団法人 日本広告制作協会(OAC)の手でカレンダーにしたものを2年連続私の部屋に掛けさせて頂いています。 今年は太平洋を隔てて同じ北緯39度の対岸にあるカリフォルニア州フォートブラッグ市の小学生とのコラボです。 まだまだ復興のためにできることは残っていると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ』(中野京子)を読んで、、、

人気の印象派について、珍しくやや批判的な記述がある本です。 たとえば 「まだ日本人は西洋美術の学びの途中。いまは(みて分かりやすい)一人勝ちの印象派ですが、今後、聖書へ、神話へ、歴史へ知識を広げ、深めてゆくにしたがい、日本人の絵画の嗜好も大きく変わってゆくのではないだろうか。」(P210) とか 「絵から物語が、ひいては精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夢をかなえるゾウ』を読んで、、、

「ええか?自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、カラオケ行ってバカ騒ぎしている時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてくれてるもん大事にできん奴が成功するか、アホ!」 「つまり、こういうことが言えるわな。ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつてな。人にはどんな欲があって、何を望んでいるか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『代表的日本人』(内村鑑三)を読んで、、、

1.西郷隆盛 ◆敬天愛人 ・天を相手にせよ。人を相手にするな。すべて天のためになせ。人をとがめず、ただ自分の誠の不足をかえりみよ。 ・人の成功は自分に克つにあり、失敗は自分を愛するにある。 ・正道を歩み、正義のためなら国家とともに倒れる精神がなければ、外国と満足できる交際は期待できない。 ・断じて行えば鬼神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第40回サンスポ千葉マリンマラソン

第40回サンスポ千葉マリンマラソンに8年連続参加。1年目は10kmでしたが、ここ7年間はハーフ。ただ残念なことに6年間続いていた「前年を上回るタイム」が今年で途絶えてしまいました......今日は1時間30分切りを狙って前半攻めましたが13kmから失速。厄年を過ぎてマラソンのタイムが落ち始めています。もうタイムは求めず楽しく走るか?ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『101デザインメソッド』を読んで、、、

副題は、「革新的な製品・サービスを生むアイデアの道具箱」とあります。 写真や図表が多いのでそれほど文字が多いわけでもないのに、結構読み終えるのに時間がかかったのは、ひとつひとつのメソッド毎に自分自分の実際のテーマを思い浮かべて「こう使おう」と考えながら読んだからです。 だから論理性といった左脳よりも、センス/見た目といった右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第42回習志野市七草マラソン2016

1月10日の習志野市七草マラソン、今年で5年目の参加でした。 2011年 21分13秒(8位) 2012年 20分44秒(11位) 2013年 20分03秒(15位) 2014年 19分00秒(5位) 2015年 40分50秒=10km そしてことしは19分14秒(4位)。 3位の人は19分8秒。最後校庭に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日経ビジネス 徹底2016予測』を読んで、、

覚えておきたいこと3つ 1.中国動向について 2015年後半から中国経済の減退による世界経済の悪影響がしきりに言われました。たしかに日本のGDPを超えたあたりからやや成長が止まった感があり、とくに建機の需要減、鉄鋼の大幅な供給過剰、中国輸入減による運輸業界の低迷などが新聞記事に載ることも多かったです。しかしながらそれでも2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョッギング走り納め

大晦日の今日、朝に10km走りました。 茜浜から全力で5km、タイムは22分をギリギリ切るぐらい。おとといよりは1分早いが、目標は19分台なのでまだ2分遅い。体重が61.5kとこれまた目標より1k重い。1月10日の習志野七草で自己ベストの19’00を上回りたいが、、、 今年の総走行距離は今日で1,415km。去年が1,445…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『海外戦略ワークブック』(河瀬誠)を読んで、、、

海外戦略を作るステップ STEP0 WHY   海外事業の目的を定める STEP1 WHERE 攻める市場を決める STEP2 WHAT  提供価値を定める STEP3 HOW  ビジネスモデルを考える STEP4 WHO  組織を作り人を置く STEP0 われわれのミッションはなにか? STEP1 われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(佐宗邦威)を読んで、、、

MBAでは論理的思考ベースにした「ビジネスをより効率的にするやり方」を教えるアプローチがとられているのに対し、デザインは今までの延長線上にはない「まったく新しい事業、商品やサービス、プロセス等を創るやり方」を教えています 。 これは論理が支配する「左脳モード」を、直感とイメージの「右脳モード」へ切り替えると言うこととの出会いだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『物語 タイの歴史』(柿崎 一郎)を読んで、、

18世紀 東南アジアで唯一独立を守り通すことができたのは、「世渡り上手」のなすところ、というのが筆者の考え。 英仏の衝突を避けるための緩衝役にチャオプラヤー川をうまく利用しながら、隣国への領土拡大を進めたりとなかなか抜け目ない。 第一次大戦の戦勝国だったとは、この本で初めて知りましたが、それも大勢が判明してから最後の最後で連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第14回検見川クロスカントリー大会

幕張の東大総合グランドで行われるクロスカントリー大会10kに2年連続で出場しました。 1周2.5kを4周。最初の坂からこんな感じですから、1周目から息が切れます。 アスファルトと違って、芝生の上は気持ちはいいですが、スピードは出にくいです。ちょっとぬかるんでいたりデコボコがあったり、まぁそれがクロスカントリーの面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『下町ロケット2 ガウディ計画』を読んで、、、

1番印象に残った文章。 仕事を続けていれば、自分の思い通りにならない事は多々あるし、理不尽なこともある。だからといって、 「いじけて何になる」 佃は言った。「人間ってのはな、マイナス思考に陥るのは実に簡単なんだよ。それに比べたら、プラス思考のいかに難しいことか。苦しいときこそ、人の真価が問われるんだ」 それは山崎に、というよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回富士山マラソン

去年のタイムが3時間55分14秒。 今年は手元の時計で3時間56分59秒。 遅くなってしまいました。 それでも、10月に1ヶ月間腰痛で走れなかったことを思えば、とりあえずは無事完走がでてほっとしています。 また今年は去年拝めなかった富士山がよく見え、走っていて元気を随分もらいました。 とはいえ、今後に向けた反省点はあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Digital to the Core』を読んで、、

GartnerのVPであり著名アナリストでもあるMark Raskino と Graham Wallerの書いた本。IoT時代に経営者が自社の存続と成長のために考えておくべきことについての本。 GartnerはFortune100を中心とした大企業のCIOなどを相手にアドバイスを行うコンサルティング会社だけに、どちらかといえば伝統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more